Oculus Quest を楽しむ(ALVRやSteam VR, VRChatなど)のに必要なPCスペック!!

 

ハドソン
こんにちは、ハドソンです。

今日のテーマは「Oculus Questを楽しむのに必要なPCスペック」です。

 

マルコ
Oculus QuestはPC接続しなくてもいい、スタンドアロン型ですよね? 必要なPCスペックって、どういう意味ですか?

 

Oculus Quest や VR をもっと楽しみたい

 

前回記事でも書いたんですけど、Oculus Questのコンテンツ数はそれほど多くありません。

 

そんな中で、特殊な方法でゲームソフトを遊べるようにしたり、VRChat内で自分で何かを創造していくことが求められます。ゲームの楽しさはユーザー自身がつくる、そういう段階に来ていると思うのです。

 

だから、Oculus Questをもっともっと楽しむ為に、そしてこれからのVR界を楽しむ為にも高性能なPCを持っておくというのは正しい選択だと思い始めたのです。

 

例えば…

Oculus QuestでSteam VRのゲームを遊びたい!! → ALVR(※1)を使おう!! → 高性能PC要るんじゃん…。

PCでSteam VR(※2)のゲームを遊びたい!!ある程度のPCスペックは欲しい…。

VRChatのアバターつくりたい!! → Blenderを使おう!! → 自分のPCじゃ厳しい…。

VRChatのワールドつくりたい!! → Unityを使おう!! → すぐフリーズして作業にならない…。

※1 ALVR(Air Light VR)とは、PCで遊ぶことのできるVRソフトをワイヤレスでOculus GoやOculus Questに転送して遊べるようにしてしまうソフトのことです。

※2 Steam VRとは、VRゲームを遊ぶためのプラットフォーム(アプリケーション)です。Steam VR内でゲームソフトの購入やダウンロードを行うことが可能です。

※3 VRChatとはVR版SNSであり、仮想空間でほかのプレイヤーとコミュニケーションが取れるアプリです。詳しく知りたい方はこちら

 

とまあ、いろいろな場面で性能の良いPCが欲しいと思うことはあるわけですね。

ハドソン
いつもはノートPCでブログを書いてる私ですが、ある程度の高性能PCを買ってみようと思いたって調べたわけです。

 

各やりたいことの推奨スペック

 

ここでは、何をするのにどれくらいのPCスペックが必要なのかをまとめます。

※ここで紹介するのは、複数のサイトから得た知見であり、性能を保証するものではありません。

 

ちなみにCPU, GPUの性能比較表のリンクを貼っておきますので参考にしてください。

CPUの性能比較(BTOミニパソコン館)

GPUの性能比較(BTOパソコンミニ館)

 

Steam VRをプレイする推奨PCスペック

 

Steam VRとは、VRゲームを遊ぶためのプラットフォーム(アプリケーション)です。必要なスペックは実際のところ、プレイするVRタイトルによりますが、基準となる推奨スペックは以下のとおりです。

 

項目推奨スペック
OSOS Windows 7 SP1(64bit) 以上
CPUIntel Core i5-4590 以上
GPUGeForce GTX 970 or 1060以上
Radeon R9 290 以上
Radeon RX 480 以上
RAM8GB以上
出力端子HDMI 1.4 ×1
USB (VRハードウェアによって必要なポート数は異なる)

参考:ニコニコ大百科(仮)

 

ALVRを導入するのに推奨されるPCスペック

 

ALVR(Air Light VR)とは、PCで遊ぶことのできるVRソフトをワイヤレスでOculus GoやOculus Questに転送して遊べるようにしてしまうソフトのことです。

(※このソフトを使うには、まずSteam VRをインストールする必要があります。)

 

項目推奨スペック
OSWindows 10(Windows 7はNVIDIA GPUのみサポート)
GPUGeForce GTX 1060 or 970以上

参考:GithubJoyToKeyにはあまり関係のない話

 

VRChat (デスクトップモード及びSteam VR内)の推奨スペック

 

デスクトップモードとはデスクトップPC(VR表示させない)で遊ぶということ。Steam VR内というのはVRゴーグルを使ってVRとして表示させて遊ぶ場合のこと。VRchat日本wikiでも述べられていますが、推奨されるのはどちらも、これくらいのスペックです。

 

項目推奨スペック
OSWindows 7 SP1, Windows 8.1, Windows 10
CPUIntel Core i5 4590, AMD FX 8350 以上
GPUNVIDIA GeForce GTX 970, AMD Radeon R9 290 以上
RAM4GB 以上

参考:VRchat日本wiki

 

Unityを使うのに推奨されるPCスペック

 

VRChatでアバターやワールドを作ろうとする際に使う必要があるのが、「Unity」という編集ソフトです。VRChat以外にも、3Dゲームの開発などを幅広く行うのに使われるソフトです。

 

項目推奨スペック
OSWindows7、8.1、10(64bit)またはmacOS 10.11+
CPUIntel Core i5 以上
GPUNVIDIA GeForce GTX 1060 以上
RAM8GB 以上
空きストレージ500GB以上

参考:BTO365, ShinrinMusic.com

 

Blenderを使うのに推奨されるPCスペック

 

VRChat用アバターを作成するのに利用されるソフトが「Blender」です。

 

項目推奨スペック
OS64bit
CPUIntel Core i5 4コア 以上
GPU2GB以上(OpenGL 3.2以上対応)
RAM8GB
ディスプレイ1920×1080 ✕1枚

参考:Blenderの易しい使い方

 

全部まとめた推奨スペック

 

前述の使い方を全部考慮すると、これぐらいのスペックになりますね。

 

項目推奨スペック
OSWindows10(64bit)
CPUIntel Core i5-4590 以上
GPUGeForce GTX 970 or 1060以上
Radeon R9 290 以上
RAM8GB
その他ストレージはSSD240GB以上、HDD500GB程度はあった方が何かと良い。

 

マルコ
あれ、このくらいなら、今持ってるノートPCにグラフィックボードを追加すれば、できるんじゃないですか?

▼ちょっと調べてみましょう!!

 

ゲーミングPCとしての見解

 

ちなみに「ゲーミングPC」として検索をかけてみたところ、すごく詳細に書かれていたのが以下のページ。

 

基本的に要求されるスペックは同程度だと感じました。というか、目的に合わせて少し幅をもたせて詳細に書かれています。メモリは16GB以上を推奨されています。

 

最後に

 

ハドソン
次に、この推奨スペックを元に、PCを選んでいこうと思います!!

▼続編は次の記事をご覧ください!!

 

マルコ
当サイトでは家庭用VR Oculus Go/Questについて日々研究中です!! VRの選び方、おすすめソフト、快適な使い方などなど、情報満載なので↓↓↓からどうぞ!!
VRに触れたことない初めての方もイチから教えるので大丈夫ですよ!!


 
ハドソン
よかったらTwitterをFollowしてお友達になりませんか? Oculus とか VR について知ってる情報も発信します!!