hp製高性能ゲーミングPC(コスパ抜群)が届いたことを報告し、開封します

 

ハドソン
ういっす!! ハドソンです!! 注文していたゲーミングPCが届きました!!

 

今回は、高性能PCを買おう!! ということでHP(ヒューレット・パッカード)のゲーミングPCを購入しました。今回はPCの開封を行っていきます。

 

今回購入したモデル

 

下記の記事に詳しく載せますが、VR(Steam VRを想定)やアバターのモデリングなどをやってみようかなーと思い、今回高性能PCを購入してみることにしました。

 

 

今回購入したモデルはこちらです!! この性能で、99,800円(+税)とコストパフォーマンスは最強クラスでした!!

 

HP Pavilion Gaming Desktop 690-0023jp

Pavilion Gaming Desktop 690-000jpシリーズ

AMD製のCPUとGPUですが、性能はCore iシリーズやNVIDIAのGPUに負けていません。AMD製はコストパフォーマンスに優れている印象がありますね。

項目スペック
OSWindows10 Pro (64bit)
CPUAMD Ryzen5 2600
GPUAMD Radeon RX580
RAM16GB
ストレージSSD256GB、HDD2TB

 

 

納期は5日程度

 

hpの公式で購入しました。

ネットでの評判だとHPでパソコン購入すると、少し遅くなることがあるって聞いてたので心配していましたが、

hpより、納期に関する丁寧なメールが何度か来ましたし、期日通りに届いたので、言うことありませんでした

 

いざ開封の儀

 

ご覧のように大きめのダンボールで届きました。

ハドソン
では早速開けていきたいと思います。ゲーミングPCなんて買う機会がないから、楽しみだなぁ。

 

パカッと開けると中はこういう風になってます。

 

 

同梱されていたのは、パソコン本体、キーボード、マウス、電源アダプタ、HPパソコンナビ特別版、取扱説明書です。

 

 

本体のサイズは、縦34.2、横17.3、奥行27.1 (cm)と思ったよりはコンパクトな印象です。

本体前面の写真がこれ。

 

 

右側は上から順に、電源ボタン、ヘッドフォン・マイクコンボジャック、メディアカードリーダー、USBポート(3.1)×2、USB-Type C(3.1)、

左部分はDVD導入部ですね。

 

次に、後面はこのようになっています。

 

 

端子は左側の上から順に、ヘッドフォン・マイクコンボジャック、オーディオ入出力端子、その下にあるHDMI端子は使用不可(閉)、ネットワークコントローラー、USBポート(2.0×2, 3.1×4)、HDMI端子×1、ディスプレイポート×4です。

 

PC立ち上げ

 

接続していきます。本製品にはモニターは付属していませんでしたので、自宅のTVとHDMIで接続してモニター代わりにします。

電源アダプターの長さは2メートル位です。こんな感じで組付けました。

 

 

電源ボタンを押して起動!! 前面の中央部が緑色に光って、やっぱりゲーミングPCはかっこいいですね!!

 

 

無事に起動完了です!!

 

 

最後に

 

ハドソン
高性能なゲーミングPCといっても、立ち上げは通常の家庭用PCと何ら変わりありませんね。

PC環境も整ったことだし、VR(主にSteam VR)やVRChat、3Dモデリング関連の記事を作っていこうかな(←まだ未知です。状況と気分にもよる)、と思っていますので読者の皆様、よかったらまた読んでくださいませ。

ちなみにここに至る経緯につきましては↓のVR記事から読んで頂けるといいかな、と思います。

 

 

マルコ
当サイトでは家庭用VR Oculus Go/Questについて日々研究中です!! VRの選び方、オススメソフト、快適な使い方などなど、情報満載なので↓↓↓からどうぞ!! VRに触れたことない初めての方もイチから教えるので大丈夫ですよ!!