【新型】OculusQuest2はいつ発表&初期版との違いは?

ハドソン
こんにちは、ハドソンです!!

先日、Oculus界に激震が走りました。新型Oculus Questが登場するという情報が海外複数メディアからリークされたのです。

マルコ
「新型」というだけで思い出すのは新型コr
楽しみですね!!!

このページに来た皆さんは、

新型のOculus Questがどんな感じなのか、いつ発表されるのか

と気になっていると思います。

 

このページでは

・OculusQuest2の現行版との違い
・OculusQuest2はいつ発表されるのか

について解説します。

 

新型OculusQuest2 情報の信憑性

マルコ
新型が出るって言っても、あくまで噂でしょ? ほんとに出るん....??

 

新型OculusQuestの情報は2020年5月頃からあったようですが、OculusQuest2がリリースされるという噂の信憑性は高いです。その理由は以下の2点です。

 

情報の信頼性

・海外メディアの「複数筋」からリークされていること。

・リーク元の1人WalkingCat氏は「HP Reverb G2」や「HoloLens 2」の際にも解禁前から情報をリークした過去があること。

 

そのツイートが以下になります

 

ハドソン
なんとリークされた画像では白色のOculus Quest!! 斬新です。(コメントとかはほとんどないんですね...。)
では早速写真を現行モデルと比較分析していきましょう!!

OculusQuest2の現行版との違いは?

ハドソン
新型であるOculus Questが発表されるとしたら、現行のOculus Questと比べて何が違うんでしょうか、今ある情報をまとめてみました!!

 

ズバッと箇条書きにしてみます。

情報の信頼性
<良い点>
・素材の変更で小型化&軽量化? → 最高!!
・新型ハンドコントローラーが同梱 → 興味あり
・リフレッシュレート72Hz→90Hzや120Hz → 単純に高性能に
<良くない点>
・IPD調節機能がなくなる → これはあってほしい
・ストラップが簡略化 → 激しい動きで心配

 

素材の変更で小型化&軽量化?

 

Oculus Questの大きな課題が、ずばり重さです。

VRヘッドセットを頭に身に着けてゲームをするのははっきり言ってめちゃくちゃ疲れますから、ヘッドセットはとにかく軽くなってほしい。

そこで今回の写真。

 

(参考:ROAD TO VR)

 

写真を見る限り、素材が変更されているように見えます。

ヘッドセット本体の外装:ファブリック製 → プラスチック製
ヘッドストラップ:ラバー(ゴム) → 何らかの新素材

 

Oculus Quest の現在の重さは 約570g
どこまで軽量化できるのかというところに期待です。

ハドソン
スタンドアロン(PCなどに接続しない単独の機器)のVRとしては致し方ない部分ではありますが、OculusRiftSのように、500g前後にまで持っていけたら大分楽になると思います

 

新型ハンドコントローラーが同梱

(参考:ROAD TO VR)

 

▼家にある現行モデル

 

新型OculusQuestには新型のOcullus Touchコントローラーが同梱されるらしいです・

形としては "旧版Ocullus Touchコントローラー" に似ていますね。

現行と比較すると、基本構造に変化はない様子ですがグリップボタンの位置が少し高くなっていますね。

 

リフレッシュレート72Hz→90Hzや120Hzへ向上

 

リフレッシュレートが大きく向上する見込み。
90Hzや120Hzが検討されていますが、バッテリー寿命も視野に入れると、90Hz仕様になるのではないかといわれています。

 

マルコ
たしかにバッテリーの問題は重要ですよね。OculusQuestは数時間遊ぶと発熱してすぐに充電が必要になりますから。

 

 

IPD調節機能がなくなる...?

 

リークされた2枚の写真を見る限り、OculusQuest2には、IPD調整用のスライドバーが見当たりません。

 

IPD(瞳孔間距離) = 左右の瞳孔の距離 は人によって違うため、その個人差を埋めるために、現行モデルには調整用スライドバーがありました。

 

ハドソン
IPD調整機能は違和感なくVRを楽しむうえでは重要な機能ですので、この機能はあってほしい。別の場所に設置されている可能性もありますね

 

▼IPD調整機能については以下で解説しています。

 

ストラップが簡略化

 

ストラップの形状が簡略化されました
現行 Y型 → 新モデル T型 になっているのがわかります。

(参考:ROAD TO VR)

 

▼家にある現行モデル

 

ハドソン
シンプルになった分、頭部をサポートする力は少し不安定になるような気がしますね。これも軽量化を狙ってのことなんでしょうか。

 

 

全体を通して

 

IPD調整機能が廃止、ストラップの簡素化は少し納得が行かない部分です。
本体外装の素材の変更というところからみても、ひょっとしたら”廉価版”OculusQuestとなるのでしょうか。

 

しかし、リフレッシュレートの増加は明らかに性能の向上を示すものですし、プロセッサだってより高品質のものが搭載される可能性があります。

 

その点も踏まえると、IPD調整をスライドバー以外の形で実装していることも期待できます。もちろん価格調整という可能性もありますが。

 

マルコ
あくまでリーク情報ですから、今後の発表に期待しましょう。

OculusQuest2はいつ発表されるのか

 

発表がいつになるのか、ということですが...
これまたWalking Cat氏 のツイートによると

9月15日 が有力です。フェイスブックの開発者会議「Oculus Connect 7」の開催予定日となっています。

 

ただし当然、昨今の新型ウイルス情勢ですから、発表日・発売時期というのが予期できないものであることはいうまでもありません。

まとめ

 

ハドソン
こうやって、新型Oculus Quest 2についてあれやこれやと話していると、余計に待ち遠しくなりますね。

予想していたことが当たっていたり、逆に予想以上に良いものだったりするとテンションがあがりますよね!!

 

※このページで解説された事項はあくまでリーク情報に基づいた予想であり、事実を示すものではありません。

created by Rinker
¥60,988 (2020/09/26 08:11:41時点 楽天市場調べ-詳細)
 

マルコ
当サイトでは家庭用VR Oculus Go/Questについて日々研究中です!! VRの選び方、おすすめソフト、快適な使い方などなど、情報満載です!! VRに触れたことない初めての方もイチから教えるので大丈夫ですよ!!こちらからどうぞ!!
ハドソン
よかったらTwitterをFollowしてお友達になりませんか? Oculus とか VR について知ってる情報も発信します!!