どっちが面白い?両方買う? Oculus Quest/Goの違い~PC接続不要VR-HMD

 

ハドソン

本格的なVRゴーグル(またの名をHMD = ヘッドマウントディスプレイ)を買って自宅でVRを遊びたい!!

そんな人にうってつけなのが、Oculus QuestOculus Goです。

VRが初めての人でも楽しめますし、経験者にとっても魅力的なコンテンツがたくさんあります。

 

 

マルコ

で、Oculus Quest と Oculus Go って何が違うの? どっちを買うのが正解なの? 

 

今回は、Oculus Quest と Oculus Go を比較して

・どんな違いがあるか

・どっちを買ったらいいか

について解説していきたいと思います。

 

まず、Oculus Quest/Go とは?

 

まず始めに、Oculus Quest/Go は家庭向けスタンドアロン型VRゴーグルです。

 

家庭向け

 

ここでいう「家庭向け」というのがどういう意味かというと、大掛かりな装置や広い場所を必要とせず、家庭で十分に遊べるということです。

また、熟練のゲーマーやコンピュータに詳しい人である必要はありません。

あくまで、プレイステーションやニンテンドースイッチと同じように、家庭用ゲーム機だと考えてもらって構いません。

 

スタンドアロン型

 

「スタンドアロン型」というのは、コンピュータやケーブルにつながなくても遊べるという意味です。つまり、ゴーグルを被るだけでOKなので遊びやすいのです!!

 

 

Oculus には他にも Oculus RiftOculus Rift S というHMDもありますが、

これらは高性能なゲーミングPCに接続する必要があり、初心者には少し導入の敷居の高いヘッドセットです。

 

その為、何度もいうようにOculus Quest や Go が本格的なVRに入門する時にはGOODです。

 

ハドソン
実は、高性能なゲーミングPCに繋ぐよりも、スタンドアロン型の方が自由に動けて楽しかったりします。

 

 

Oculus Quest/Go の大きな違い

 

マルコ
ここからはいよいよ、Oculus Quest と Go の違いについて話していきます。

 

Oculus Quest と Oculus Go の最大の違いは、

Oculus Quest は プレイヤーが実際の身体を動かすことで、VRの中で動いたり、モノを掴んだりすることが出来る。(これを専門的には6DoFと表現する)

Oculus Go は プレイヤーが周りの風景(例えば180度や360度)を見渡すことはできるが、見ることしかできない。(3DoF)

 

ハドソン
このように、Oculus Quest と Oculus Go では出来ることに大きな差があります。

この違いにより、Oculus Quest はよりエキサイティングにゲームを楽しむ為のデバイス、Oculus Go はVR動画視聴などに向いているデバイスということも出来ます。

 

機能的には「Quest > Go」なのか

 

マルコ
ということは、Oculus Quest の方がOculus Goよりも優れたデバイスということでしょうか?

 

ハドソン
基本的にはQuestの方が優秀でしょう。但し、Oculus Goの方が良い部分もあります。

 

ラベル名

Oculus Go のほうが Oculus Quest よりも良い部分

・現時点でのコンテンツ数が圧倒的に多い。(Go:1000以上、Quest:50~)

・ヘッドセットの装着部分が柔らかく、仰向けになって動画視聴するのに適している。(逆に言えばOculus Questの方が固めの装着部となっており、しっかり装着される)

・ヘッドセットが軽い。

・コントローラーが1つしかないのでかさばらない(Questは2つあり、邪魔)。

 

ハドソン
特にコンテンツの差は大きいです。

中でも動画アプリで人気の高いDMM VR動画はOculus Questに対応アプリがなく、見ることが出来ないので注意が必要です。

Oculus Questは発売から間もないのでソフト数が少ないのも仕方ないことですが、遊びたいソフトが決まっているのであれば。対応しているか確認してから購入しましょう。

 

Oculus Quest/Go 価格の差




Oculus Quest及びOculus Goの価格は次のようになっています。

Oculus Go : [32GB] ¥23,800  [64GB] ¥29,800

Oculus Quest : [64GB] ¥49,800  [128GB] ¥62,800

 

上記のように容量の差を抜きにしても、価格には約2倍ほどの差があります。

ハドソン
しかし、価格にとらわれず、欲しい方を買うということが大切だと思いますよ。私は結局のところ両方買っちゃいましたからね。(たぶんどっちから買っても両方買ってたけど) 

 

Oculus Quest/Go 本体の差

装着部のバンド

Oculus Quest : 装着部のベルトが硬い素材でできており、激しい運動をしてもしっかり支えられる。

Oculus Go : 装着部のベルトが柔らかい布製のゴムバンドになっており、伸縮性があるため頭を締め付けすぎない。寝転がって使うときも比較的使いやすい。

 

 

グラススペーサー

 

グラスペーサーとは、眼鏡をかけたままでもヘッドセットを装着できるように、眼とゴーグルの間に隙間をつくる部品のことです。

 

Oculus Quest : 内部に嵌めこむ形式となっており、激しい運動をしても外れることはない。取り付け、取り外しも1分とかからない。

 

Oculus Go : ゴーグルと眼の間に挟むだけ。固定はされないが、激しい運動をするわけでもないので落ちたりはしない。

 

ヘッドセット上部

Oculus Quest : 両端にカメラが付いている。位置を確認するためのカメラであり、Oculus Questの6DoFシステムを構築するためには欠かせない機能。

Oculus Go : 電源ボタン、音量調節ボタンがある。

 

ヘッドセット下部

Oculus Quest : 音量ボタンとIPD調整ゲージIPDとは瞳孔間距離のことを指し、映像をプレイヤーの瞳孔間距離に合わせることによって、適切に立体視を行えるようにする。この機能はOculus Goには存在せず、Oculus Questの特長であるともいえる。また、ヘッドセット下部にも上部と同じようにカメラが存在する。

Oculus Go : 電源ランプがあるのみ。

 

 

ヘッドセット側面部

Oculus Quest : USB Type C 端子があり、充電及びPC等との接続が可能。イヤホンジャックは左右1つずつある。

Oculus Go : こちらの端子は micro USB。イヤホンジャックは左のみ。

 

コントローラ

Oculus Quest : 左右2つのコントローラがあり、スティックボタン、グリップボタン、トリガーボタンが左右ともにある。左コントローラにはX・Yボタンとメニューボタン、右コントローラにはA・BボタンとOculusボタンがあるが、基本的には左右対称のコントローラ。物を掴むときにはグリップボタン、引き金をひくなどの動作を行うときはトリガーボタンを使うことが多い。

 

Oculus Go : コントローラは1つのみ。スティックや十字キーは存在せず、タッチパッド上に手を滑らせて操作する。そのほかには、Oculusボタン、戻るボタン、トリガーボタン。

 

結局どっちを買うのがおすすめ?

 

マルコ
Oculus Quest/Go の違いがわかったところで、どっちを買うのがおすすめですか?

 

 

ハドソン
こればっかりは、その人の楽しみたいコンテンツ次第です。だけど、強いて言うなら Oculus Quest の方が実際に体を動かして遊べるから楽しいです!!

▼Twitterを見ているとOculus Goを持ってる人がOculus Questも買っちゃうというのは、よくあることみたいですねぇ

 

 

▼Oculus Questの人気コンテンツはこちらから!! レビューもあります!!

 

マルコ
当サイトでは家庭用VR Oculus Go/Questについて日々研究中です!! VRの選び方、オススメソフト、快適な使い方などなど、情報満載なので↓↓↓からどうぞ!! VRに触れたことない初めての方もイチから教えるので大丈夫ですよ!!