「木洩れ日に泳ぐ魚」(恩田陸) -本当に面白い小説を探す-【解説-意味とネタバレ】

ハドソン
こんにちは、ハドソンです。

文句なしの★5でした!! 「木洩れ日に泳ぐ魚」を読みました!!

店頭に並んでいたので手に取ってみたんですが、もう面白くて面白くて…2時間かかりませんでしたね。

 

 

あらすじ

 

あるアパートに同居する男女。明日からはアパートを出て別々の人生を歩む。今夜は最後の夜である。

 

最初、読者には多くが明かされない。

その為、カップルが別離するストーリーかと思わされる。

しかし、読み進めていくと、そのやりとりには違和感を感じる。

ストーリーは男と女、それぞれの視点から交互に語られる。

 

そして、最初の章の最後で、男はこう考えていることがわかる。

僕は彼女に白状させなければならない。(中略)
できるだろうか。彼女があの男を殺したのだと、彼女の口から、今夜中に。

 

ここからはもうページをめくる手が止まらない。

そして、めくる度に明かされる事実

触発されてさらに読み進める。一気読み必至の新感覚ミステリーである。

 

そして辿り着いた真実と、それについての2人の心境もまた、見事に描写されていて圧巻である。

 

みどころ

 

みどころは2つある。

 

謎、解き明かしまくり

 

序盤からとにかくサクサク読み進めることができ、終盤までドキドキ感が止むことがない。

 

とにかく、この小説は謎が多い。

男女の関係性、「あの男」との関係性、過去の記憶、冒頭で登場する写真の意味…などなど

 

そして、最終的に辿り着く真実とは?

 

終盤で見えてくる景色

 

物語の最初と最後では、どちらにも共通の1枚の写真が登場する。

しかし、その写真の持つ意味は、前半と後半で全く違う。

 

もし後半がいまいち面白くない、と感じるなら、読み込みが足りないのかも。

間違いなく後半も面白かった。

 

全ての真実が明らかになった後の、男女の心境の変化がそこに現れる。
一夜の心理戦を乗り越え、朝日を迎えた2人は、真実をどう捉えるのか。

 

おすすめの読み方

 

前半はサクサク、ハラハラで読む。

 

だけど、後半は心情を描写する場面が多くなる。

真実が明らかになって、ヒロ、アキの心情がどのように移ろうのか。

 

恋愛観、死生観にも注目して、じっくりと意味を考える時間が訪れる。

 

 

感想(ネタバレあり)

 

マルコ

まだ読んでない人は絶対に読まないでください。

 

波乱の展開に感嘆

 

これは半端ない小説だ笑

 

何度もいうようにサクサク、そしてドキドキしながら読み続けた。

 

二人が互いに、相手が犯人だと思っていること。
二人は実は兄弟であること。
父親が自分たちの正体に気づいていたかもしれないこと。
そして、二人は兄弟ではなかったこと。

 

矢継ぎ早に明かされる真実に驚いてばかり。
「木洩れ日に泳ぐ魚」というタイトルを聞いた時には、味気ないタイトルだと思っていたのに笑

 

「木洩れ日に泳ぐ魚」の意味 その1

 

ここからは、類推の域を出ない。

文庫本でいうと105ページ(10章の始め)

彼の目が宙を泳ぐ時、私はいつも木洩れ日が揺れるのを見る。
ちらちらと揺らめく光の中を、私たちが言葉にせずに押し殺してきた感情と欲望の欠片が、一瞬影のように横切っていく。
木洩れ日の下には、深い淵があって、濃い緑色の水の底に多くの魚たちが蠢いている。
魚たちは時折水面近くまで上がってきて尾びれを翻したりするが、いったいどれくらいの魚が棲んでいるのか、
彼らがどんな姿をしているのか見ることはできない。

 

つまり、

木洩れ日に泳ぐ魚
= 私たちが言葉にせずに押し殺してきた感情と欲望の欠片
= 多くの魚たち

 

であって、
その「感情と欲望の欠片」は

木漏れ日が揺れているせいで、どれくらいあって、どんなものなのか分からない。

と述べられている。

そして、木洩れ日に関係する表現はこの後にも登場するのだが…

 

「木洩れ日に泳ぐ魚」の意味 その2

 

さらに後半になるにつれ、こういった記述がある(284ページ、26章)。

やがて、その光は木洩れ日になった。
緑濃い山の中を進む三人の姿が見える。木洩れ日を浴びて、いっしんに山道を歩く疑似家族の私たちが。

これはどういう意味だろうか?

 

三人というのは、文脈からしてアキ、ヒロ、そしてヒロの父親だ。

先ほどの「魚」とは関係ないようにも思えるが、「緑濃い」というワードが、前述の「濃い緑色の水の底」と類似している。

 

ひょっとして、前に出てきた「水の底の魚」は、「感情と欲望の欠片」だと思っていたが、それは違っていて、「森を進む三人」を表していた可能性がある。もしくは、その両方という捉え方もあるが。

 

しかし、ここでの「木洩れ日」は水の中を見辛くするものではなく、むしろ三人を明るく照らしてくれるものと解釈できる。

 

そう、この文章に来るまでは、「木洩れ日のせいで水の中 = 真実 を見ることが出来ない」と捉えていたのに対し、
この文章では「真実というものはさておいて、木洩れ日が私たちを明るく照らしてくれる」と捉えている
ように見える。

 

このことは、「最後の夜を語り明かし、真実というものが見えた挙句、朝を迎えた」ということに似ている。
また、「本当に好きではないと分かっていながら、リップサービスを重ねる2人」にも通じるところがあるかもしれない。

 

「木洩れ日に泳ぐ魚」の意味 その3

 

そして、本当の最後の2ページ。実はここがこの小説の一番面白いところではないだろうか?

 

アキは部屋を見上げる。そして、その部屋に

もうひとりの彼と、もうひとりの私が、何も知らずに、無邪気な別の歳月をあの部屋で送っているような。

気がしてくる。

 

そしてそのあとに、

開け放たれた窓。

再び、どこかに木洩れ日の光を見たような気がした。

 

これは、どういうことかというと、

アキは、まるで自分が写真の中にいるかのような錯覚を起こしているのだ。

アキ、ヒロ、ヒロの父親の三人で、窓 = 写真の枠を見上げているかのような錯覚を。
そして、それを「もうひとりの彼と、もうひとりの私」が「喜劇」として見ているんじゃないか。と。

 

恋愛観・哲学観も見逃せない

 

私が一番印象に残ったのは次の一節(269ページ、25章)。

好きということの達成感を得るのに、互いの死くらい明確なものはない。
それぞれの命をもって子孫を残すことを否定するのだから。

 

アキは何をいっているのだろうか。

「好き」という時に、「それが子孫を残すためではなく、純粋に相手のことを愛している」と証明するのは難しい。
もし、本当に好きであれば、お互いの為に命を切り捨てることで、それが証明されるだろう、ということ。

 

まあ、私は100%同意し兼ねるが、1つの意見として面白いものだと思う。

 

私がこれに同意しないのは、そもそも人間の「好き」という感情
「生きていくのに有利な場合と、子孫を残すのに有利な場合に生まれる感情」であると考えているからだ。
何が言いたいかというと、そういう風に遺伝子的にプログラムされているのであって、
そもそも「純粋に好き」なんてものはないのだ。最初から、遺伝子的に、打算の感情なのである。

ま、そんな風にドライな解釈をしてもしょうがないけど、あくまで論理的にはそうなんだろうな、と。

 

総評

 

ハドソン
それにしても面白かった。総評は….

★★★★★

ホシ5!!

何が素晴らしいって、ドキドキ感からの、じっくり考えさせられるっていう満足感です。

 

 

マルコ
当サイトでは家庭用VR Oculus Go/Questについて日々研究中です!! VRの選び方、おすすめソフト、快適な使い方などなど、情報満載なので↓↓↓からどうぞ!!
VRに触れたことない初めての方もイチから教えるので大丈夫ですよ!!


 
ハドソン
よかったらTwitterをFollowしてお友達になりませんか? Oculus とか VR について知ってる情報も発信します!!