クリント・イーストウッド「15時17分、パリ行き」は実話を忠実に再現した映画

私ハドソン久しぶりに映画をみました。

 

何を見たかというと、「15時17分、パリ行き」です。おすすめです!!

 

穏やかで、でも危険で、かつ心温まる、3人のヒーローの物語でした。

 

 

実話を忠実に再現

 

ネタバレにならない程度に注目すべきポイントを話しますね。

 

本作は2015年8月21日にフランスのアムステルダムからパリへ行く列車の中で起きた銃乱射事件に

 

乗り合わせた3人の若者が、運命的に乗り合わせ、犯人に立ち向かうストーリーです。

 

実話を基にした物語であり、監督は巨匠クリント・イーストウッドですが、

 

特筆すべき点は監督の意向で、主役の3人の若者は実際に乗り合わせた本人たちが演じていると言うことです。

 

これは、今までの映画史でも類を見ない前代未聞の出来事です。

 

ハドソン的 感想

映画は主役3人の幼少時代から描写されており、その後の場面では大人になった3人がヨーロッパを旅行する様子が

 

まるで実際の映像かのようにナチュラルに撮影されています。

 

つまり事件のストーリーと言うよりは彼らの生の歩みを記録した映画となっているんです。

 

もちろん事件の場面は激しいシーンが多いんですが、そこに至るまでのストーリーは非常に穏やかに進行していて、

 

だからこそ一人ひとりの人間性が鮮明に写し出されており、最後まで見たときに人々の感動を誘う映画となっています。

 

最後に

 

オススメなのでたまには映画でも見ようかなと考えている人はぜひ見ていただきたいなと思います

前にも一度映画を紹介したことがあります。パトリオット・デイですね。

こちらもおすすめなので是非ぜひ。

映画「パトリオット・デイ」が感動作だったので紹介する