【対処法】Oculus Go/Quest が重い、首が疲れる、肩が凝る!! 重さへの対策は?

 

ハドソン
こんにちは、ハドソンです!!

VRゴーグル Oculus Go/Quest は面白くて面白くてずっと遊んじゃうんですけど….

あいつら、重い、首が疲れる、肩が凝る…!!

 

マルコ
同じように悩んでいる方も多いと思いますので、今回は対処法を紹介します。 

 

ハドソン式 首の疲れ/肩の凝り対処法

 

ハドソン
私が実践している対処法はこれです!!

 

 

ネックピローを付けてゴーグルをつけることにより重さを軽減し、首への負担を減らします。

上記の商品でなくとも、自分の体に合ったネックピローでよいと思いますが、

VRゴーグルは身体の前側への重みがかかるので、首の前部分も支えられるとよりGOODです。

 

ハドソン
ネックピローをすると、首の疲れが大分、良くなりました!!

 

動画見るだけなら、寝っ転がりでもOK

 

特にOculus Goでは、動画を見るために使うことが多いと思います。

YouTube や NETFLIX などの動画アプリでは寝っ転がりながら見ることが可能です。

 

ハドソン
首を疲れさせないためには仰向けになって寝ットフリックスしたらいかがでしょうか?

 

“寝ットフリックス”の関連記事も紹介しておきます!!

 

Oculus Go と Quest 重いのは?

 

マルコ
余談ですが、Oculus Go と Oculus Quest ってどっちが重いんでしょう?

 

ハドソン
両方持ってるから、測ってみましょう笑

 

マルコ
結果発表!! 
デバイスOculus GoOculus Quest
重さ(眼鏡スペーサーなし)445g580g
重さ(眼鏡スペーサー込み)485g593g

 

マルコ
ということで、Oculus Questの方が少し重い、という結果になりました!!

まあ、見た目からしてごついですからねぇ。バンド部分も硬いし。予想通りっちゃ予想通りかな。